HOME > Transport division

物流の原則 [3S]

Safety(安全に)Speedy(準速に)Sure(確実に)

 

乗務員教育

■年二回の安全会議(全従業員参加)
 全従業員及び協力会社様が一堂に会し、安全対策はもちろんのこと、配送マナーなどの 教育を行っております。
■月一回の班長会議
 業務別に構成された班長が集まり、日々の安全に対する改善項目を発表し、重点項目を取り決める。
■デジタコグラフを活用した成績の掲示
 月毎のドライバー個々の安全評価と燃費の結果を掲示し、プロドライバーとしての意識を高める成績の掲示 

設備概要

■大型増トン…冷凍チルド(加温装置付き)  冷凍チルドゲート(加温装置付き)
■中型増トン…チルドゲート(加温装置付き)
■軽貨物…チルド
■50㎘ 地下タンク併設 社内給油所

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

保有車両一覧 

日常の整備は・点検はもちろんの、車両は計画的に代替えしております。    

■冷凍チルド車両
荷主様のニーズに合った温度管理をしながら冷凍・冷蔵・薬品の輸送をしております。
マイナス30℃まで設定できる最新の冷凍チルド車を保有し、365日24時間体制で、
大型から小型まで柔軟な輸送を行っております。
冷凍チルド車両
車型 種別 保有台数
大型増トン 冷凍チルド 11台
冷凍チルドゲート 2台
中型増トン チルダゲート 5台

■常温車両
荷主様に最適な車種を提供しております。

常温車両
車型 種別 保有台数
大型増トン エアサスウィングゲート 12台
エアサスウィング 8台
エアサスオートフロア 2台
中型増トン  ヴァンゲート 4台
4トン ウィングゲート  5台
ヴァンゲート  11台
3トン  平ボディ 1台
2トン  ヴァン 2台
 平ボディ 2台
1トン ヴァン  1台

■車載設備
全車両にデジタルタコグラフ ※1 バックモニター、ドライブレコーダー ※2 GPS(docomap) ※3 などの車載端末を導入し、確かな運行情報を記録し、安全で正確な輸送を行っています。  
                  


全車にGPS(docomap)を導入

自社車両位置情報をリアルタイムで確認

効率的な 配車業務

GPSによる自社車両位置情報を独自のサーバーに集約し、 Google社のGoogle Mapsを利用して全国の自社車両の位置をリアルタイムにマップ上に見える化し、 需要と供給の媒介を自由な環境で提供し、運送業界の需給バランスの適正化を目指します

 

効率的な 配車業務をバックアップ 

キーワードは「見える化」

写真のキャプションを入力します。キーワードは「見える化」です。DoCoMAPによる車両位置の「見える化」を中心に、運送業界に関連する情報を全て「見える化」することにより、より効率的な 配車業務をバックアップします。
その結果としてサプライ・チェーン・マネジメント(SCM)と似た発想になります。これは物流システムをある1つの企業の内部に限定することなく、複数の企業間で統合的な物流システムを構築し、経営の成果を高めるためのマネジメント手法であり、全国に支店を持たない中小の運送業者でも全国的な ネットワークを得られることに匹敵する効果を生みます。 


※1 デジタルタコグラフ

デジタル式運行記録計とは?

デジタル式運行記録計とは、運行記録計の一種で車両の運行にかかる速度・時間等を自動的にメモリーカード等に記録する装置です。事務所の読み取り装置でメモリーカード等を解析することでドライバーが法定速度、休憩時間などを遵守しているかを容易に確認でき、事故防止等の安全管理に用いることができます。
運行記録計には、運行データをメモリーカード等に記録するデジタル式と、記録紙(チャート紙)に針で軌跡をつけて記録するアナログ式があり、デジタル式の方が記録紙を目視で読み取るアナログ式に比べて解析作業が素早く、かつ、正確に処理することが可能です。

詳しくはこちら >>

※2 ドライブレコーダー

映像記録型ドライブレコーダーとは?

映像記録型ドライブレコーダーとは、事故やニアミスなどにより急ブレーキ等の衝撃を受けると、その前後の映像とともに、加速度、ブレーキ、ウインカー等の走行データをメモリーカード等に記録する装置のことです。
これにより事故やニアミスの状況が記録されるため、事故等の映像を利用して乗務員の安全教育へ活用できるとして運送事業者で普及が進んでいます。
また、事故処理の迅速化が図れるなどのメリットもあります。

詳しくはこちら >>

※3 GPS(docomap)

GPS(docomap)とは?

全地球測位システム グローバルポジショニングシステム 
GPS(docomap)とは、人工衛星を利用して自社車両が地球上のどこにいるのかを正確に割り出し。モニター上の地図に自社車両の位置を表示するシステム。米軍の軍事技術の一つで、地球周回軌道に30基程度配置された人工衛星が発信する電波を利用し、受信機の緯度・経度・高度などを数cmから数十mの誤差で割り出すことができる。

詳しくはこちら>>