ページの先頭へ

Corporate information / 会社情報

ページの先頭へ

株式会社ヤマショウロジテム

商号 株式会社ヤマショウロジテム
事業内容 貨物運送取扱事業
本社 〒362-0031 埼玉県上尾市東町2-9-20 TEL 048-775-5151 FAX 048-778-0890
設立 平成20年8月1日(平成26年11月名称変更)
資本金 3,000万円
代表者 桑原康輔(株式会社ヤマショウフーズ常務取締役)
取引銀行 埼玉りそな銀行/大宮支店


ACCESS & CONTACT

 

ページの先頭へ

株式会社ヤマショウロジ

商号 株式会社ヤマショウロジ
事業内容 一般自動車運送事業 許認可番号 関自貨第161号 貨物運送取扱事業  
倉庫管理及び荷役請負作業  特定労働者派遣事業貨物運送取扱事業
本社 〒326-0322 栃木県足利市野田町1788  TEL 0284-73-2525 FAX 0284-73-2526
設立 平成22年10月6日(平成26年3月26日名称変更)
資本金 3.800万円
代表取締役会長 桑原康輔 (株式会社ヤマショウフーズ常務取締役)
代表取締役 山井伸哉
従業員数 68名
取引銀行 群馬銀行/足利支店  足利銀行/足利支店


ACCESS & CONTACT

 

ページの先頭へ

株式会社ヤマショウロジサービス

商号 株式会社ヤマショウロジサービス
事業内容 一般自動車運送事業 許認可番号 関自貨第161号  
貨物運送取扱事業  倉庫管理及び荷役請負作業  一般労働者派遣事業
本社 〒329-0205 栃木県小山市間々田791-39   TEL 0285-37-8740 FAX 0285-37-8750
設立 平成27年1月
資本金 2.000万円
代表取締役会長 桑原康輔 (株式会社ヤマショウフーズ常務取締役)
代表取締役 桑原康輔 (株式会社ヤマショウフーズ常務取締役)
従業員数 75名
取引銀行 群馬銀行/小山支店  足利銀行/小山支店


ACCESS & CONTACT

ページの先頭へ

タイヤステージ北関東

商号 タイヤステージ北関東
事業内容 一般タイヤ販売
本社 〒326-0322 栃木県足利市野田町1120-17  TEL 0284-73-6717 FAX 0284-73-6718
設立 平成27年1月
資本金 2.000万円
代表取締役 桑原 康輔 (株式会社ヤマショウフーズ常務取締役)
代表者 石井 貴則
従業員数 2名
取引銀行 群馬銀行/足利支店  足利銀行/足利支店


ACCESS & CONTACT

株式会社サイトハウス 

商号 株式会社サイトハウス足利
事業内容  建設業 不動産業
本社 〒326-0056 栃木県足利市大町643 ブルーフォレスト足利1F  TEL 0284-42-9001 FAX 0284-42-9002
URL http://www.sitehouse-ashikaga.jp/
設立 平成9年5月
資本金 3.000万円
代表取締役 茂木 義行
宅建業許可 栃木県知事(2)第4621号
建築業許可 栃木県知事許可(般-24)第22551号
取引銀行 群馬銀行/足利支店 足利銀行/佐野支店 足利小山信用金庫/北支店


ACCESS & CONTACT

商号 株式会社ヤマショウフーズ
本社 〒362-0031 埼玉県上尾市東2-9-20
青森工場 〒034-0001 青森県十和田市三本木字野埼1
群馬工場 〒370-3524 群馬県高崎市中泉町796-1
岡山工場 〒708-0814 岡山県津山市東一宮字八反河原905
九州工場 〒834-0016 福岡県八女市豊福241-2
福岡営業所 〒812-0051 福岡県福岡市東区箱崎埠頭5-9-14
大阪営業所 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-11-19木村ビル6F
取引銀行 埼玉りそな/大宮支店  福岡銀行/八女支店  みちのく銀行/十和田支店  足利銀行/大宮支店 大光銀行/大宮支店


ACCESS & CONTACT




ページの先頭へ

株式会社YBS(ヤマショウビジネスサポート)

商号 株式会社YBS (ヤマショウビジネスサポート)
事業内容 物流ソリューション事業 貨物運送取扱事業 倉庫事業
本社 〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-12 清和ビル5F TEL 03-6806-0308 FAX 03-6806-0208
設立 平成28年6月
資本金 800万円
代表取締役 阿部英也
従業員数 3名
取引銀行 みずほ銀行/上野支店


ACCESS & CONTACT

ページの先頭へ

今、物流が熱い!!

日本の経済を支えているのは、物流業界と言っても過言ではありません。
じつのところ、国内のモノの動きはここ10年来減少傾向が続いています。90年代のピーク時とくらべて現在の貨物輸送量は7割程度と言われます。国内の工場がアジアを中心に次々と海外移転したことが大きな要因となっていることは想像に難くないはず。しかし、それにともなって物流が軽視されてきているのかと言えば、それはまったくの逆。ITが飛躍的に進歩したことでいろいろな可能性が広がったように、リアルな物流の世界でもその潜在力にあつい視線が寄せられています。

What's New  

2017.08.05
LinkIcon103回足利花火大会
2017.08.04
LinkIcon社屋新築工事
2017.08.01
LinkIcon野球部

LINK(グループ)










ページの先頭へ